【2019年】今年買ったものを振り返ってみる【電子機器・アプリ編】

これまで、購入したものを振り返って反省するということがあまりありませんでしたが、年末ということもあり、この一年間で購入したものをひとつひとつ見ていくことにしました。

ICカードリーダライタ

確定申告を郵送から電子申告に切り替えるために購入。まだ一度しか使っていませんが、非接触型なのでカードが傷つく心配もなく、摩耗による接触不良も起こらないだろうという安心感があります。

自宅のパソコンから確定申告・・・便利な世の中になりました。

関連ページ →「【e-Tax】確定申告で初めて電子申告してみた

FF13-2、FF13ライトニングリターンズ

PS3(プレイステーション3)のソフトです。今更感はありますが、安価で購入できてそれなりに楽しめました。ちなみに「FF13」はプレイ済みです。

プレイしてから2〜3年経っているような感覚でしたが、まだ1年も経ってなかったことに驚きです。今年は結構充実していた1年だったのかもしれません。

ロジクールのキーボード CRAFT

思い切って購入した2万円以上するキーボード。今のところ大きな不満のないほぼ完璧なキーボードです。「今年買ってよかったランキング」をするなら上位争いをするであろう商品です。

コントロールホイールを使わないのであれば、新しく発売された「MX KEYS」の方が安価です。

ロジクールのマウス M590

ロジクールの「フロー」機能を使いたいがためにキーボードCRAFTと一緒に購入。操作性は悪くはないですが、ゴム素材部分の手垢が取れないため、現在別のものを検討中。

サンワサプライ HDMI切替器

モニターのHDMI入力2つでは足りないため購入。大きな不具合なく動いていますが、一度だけTVチューナーからの映像が砂嵐になる現象が発生。HDMIケーブルを抜き差ししたら直りました。

この製品は4Kの場合30fpsにしかできないので、プレイステーションの次世代機(PS5?)を購入したら買い換えることになりそう。

アマゾンベーシック HDMIケーブル

安定のアマゾンベーシック。買うのは2本目です。

SteelSeries のマウスパッド QcK mini

柔らかいタイプのものを購入。それまではマウスパッドを使用していませんでしたが、マウスに合わない机を使い始めたため仕方なく導入。机の上で直にマウスを使ったり硬質のマウスパッドを使うと滑りすぎるため、この柔らかいタイプのマウスパッドは適度な抵抗があり使いやすいです。結果的にはよかったです。

ただ、長期間使っていると汚れが目立つようになり、洗剤などを使って水洗いしないと落ちないのが難点。まだ一度も洗ったことはないのですが、近々洗いたいと思っています。

CANONのモバイルプリンター PIXUS iP110

それまで使っていたプリンターが壊れそうだったことと、サイズが大きくて置く場所に困っていたことから、モバイルプリンターを購入。コンパクトで非常に気に入っていますが、アダプターが大きいのが欠点。今のところインクづまりなどなく動いています。

SONYのウェアラブルネックスピーカー SRS-WS1

オープン型のヘッドホンを探してたどりついた製品。購入当初はいろいろ不満がありましたが、慣れてくるとデメリットよりもメリットが目立つようになりました。ワイヤレスですがBluetoothではないため、他の機器とあまり干渉しないようです。私の環境ではBluetoothとWiFiが干渉しやすいようで、両方を使うとどちらも接続が不安定になるので、このネックスピーカーは重宝しています。ただ、価格に見合うの価値があるのかという点については微妙です。

任天堂スイッチ

バッテリーの持続時間が長くなったモデルが発売されたのを機に購入。任天堂のゲーム機を自分で購入したのは初めてかも。

コントローラーの操作性が心配でしたが、手にフィットする形状でそれほど悪くはありませんでした。ただ、「−」のボタンがスティックのすぐ側にあるため押しにくいのが難点。

据え置きと携帯の両方で使えるように様々な工夫が見られるのが面白いです。

ドラゴンクエストビルダーズ

サンドボックス型のドラクエです。自由に部屋や建物を作ることはできますが、ストーリーの進行に必要なものを作っていくだけで拠点がいっぱいになるので、指示されたことだけをこなしていくようなRPG的な考え方が軸になっています。とはいえ、進行に必要なものも一度作ってしまえば壊しても問題ないようですが…。

クリア後もフリービルドモードで楽しめます。

ドラゴンクエストビルダーズ2

ドラゴンクエストビルダーズの第2弾です。前作で物足りなかった点の多くが改善・強化されていてボリューム満点の内容です。ストーリーも感動できます。クリア後にもストーリーで出会った仲間たちとものづくりができるのも楽しい要素です。また、一部のモンスターも仲間にでき、一緒にものづくりや冒険ができるのもありがたいです。

ただ、アマゾンのレビューを見ると、発売当初はストーリーの進行ができなくなるバグがあったようです。テレビゲームの世界にも「バグがあっても後で修正すればいい」という考え方が広まっているのではないかと思うと少し残念です。ゲームの内容自体が複雑化していることを考えれば仕方のないことなのかもしれませんが…。

ちなみに、バグではないですが、監獄島で素手で壊せないブロックを置いて出られなくなってしまい、結局セーブしたところからやり直すということが一度ありました。作る側と使う側の不注意が重なるとこういうことに…。監獄島だけは、おおきづちが壊したブロックがアイテム化しないようにすべきだったのでは、と勝手に助言。あんなところで詰む人は少ないとは思いますが…。

Vantozon LEDランタン

停電になったときのことを考えて購入。使うときが来ないのが一番ですが…。

Panasonicの電気シェーバー LAMDASH ES-LT7A-S

電気シェーバーデビュー。T字カミソリに比べて肌に優しく、手軽に使えるのが利点です。自動洗浄機能もありがたい。音が不快であることを除けば、「今年買ってよかったランキング」トップレベルです。

電子機器・アプリ」のページ