【マイクラ日記】#18「目標は、すべてのアイテムをチェストいっぱい集める!」

前回はピリジャートラップを作りましたが、地下の湧き潰しを全然していなかったので湧き効率はかなり悪い状態でした。

その後、ある程度地下の湧き潰しを行ってみると、モンスタースポナーを使ったトラップより若干劣る程度の湧き効率まで上がった感じがします。

ただ、湧くときは結構湧きますが、湧かないときは10秒に1体くらいのペースでしか湧かないこともあったので、徹底的な湧き潰しをしないと経験値トラップとしては物足りない感じです。

近くでイカとか魚が湧いてますが、ピリジャーの湧きには影響しない…よね?

今後について

既に1.16のプレリリースが始まっていることから、おそらく近いうちに正式なリリースがあるものと思われます。アップデートはもちろん楽しみですが、今のままだと「ああ楽しかった」で終わってしまい、またやることがなくて更新が進まない可能性が高いので、目標を設定することにしました。

以前からやってみたいと思っていてやっていなかった「アイテムを全種類、それぞれチェストいっぱいに集める」というものです。もちろんサバイバルで手に入るアイテムのみです。アイテムを効率よく集めるためには自動設備を作ったり、マイクラの仕様を深く理解する必要があるので、「やることが無い」なんてことはなくなります。

この目標を設定してまず考えたことは、集めたアイテムを保管する場所をどのくらいの規模で作ればいいのかということ。それにはまず、アイテムが全部で何種類あるのかを知る必要があるので、ネットで検索してみると、「nishiのマイクラ攻略」というブログで「アイテムID・ブロックID全1129種一覧」というタイトルのページがありました。このページでは、Java Edition1.14.2 の時点では1129種類のアイテムとブロックがあると書かれています。ただ、この中には「空気」や「水」など手に入れることができないものも含まれているので、もう少し種類は少なくなると思います。

Java Edition1.15.2 でクリエイティブにしてアイテムの数を数えてみると、1058種類でした(エンチャント本は最上位のものだけを含み、また、私の数え間違いもあるかもしれませんので正しい数値かどうかはわかりません)。そのうちスポーンエッグが60種類だったので、サバイバルで集められるアイテムは1000種類弱となります。

1.16 のアップデートでアイテムが追加されるとしても、おそらく1200個のチェストがあれば足りるだろうと思います。

もう一つ考えなければならないのが、チェストを普通のサイズにするのかラージチェストにするのかです。石系のブロックなどであればラージチェストでも問題ないわけですが、エリトラとかネザースターとかはかなりきつい。

今調べてみると、エリトラはスタックできないのでまだマシですが、「ドラゴンの頭」「ネザースター」「ビーコン」などはスタックできてしまうのでおそらく無理でしょう。普通サイズのチェストでも 64×27 ですから 1728個になりますw。これは現実的ではありません。この辺のアイテムはスタックできないものとして扱うのが良さそうです。このように柔軟に考えて、とりあえずラージチェストで作ることにしました。1728個と比較すれば54個ならまだ現実的に思えますww。

まずはアイテムを保管する場所を作ることにしました。ただ、チェストの数がかなり多いので、一度クリエイティブで保管場所のサイズとチェストの位置を確認します。

外観も少し作ってしまいましたが、ピラミッド型にするかどうかはまだ決めていません。

意外と悪くないかも。

チェストはこんな感じで配置していきます。高さは4段で、チェストとチェストの間の通路は4マスとります。このスペースにこの置き方であれば、ラージチェストを1280個置くことができます。

上から見るとこんな感じ。グロウストーンを一段低い位置に埋め込んで、その上に薄灰色のガラスを置いています。ちょっとでも神聖な感じが出るように、グロウストーンを多めに配置して明るくしています。

やっぱり上のスペースが勿体無い。真ん中は吹き抜けにして、周りに小部屋でも作ろうかな。

次回はいつものワールドで、集めたアイテムを保管する場所の整地と床の設置を行っていきます。ネザーワープやシュルカーボックスがないと材料集めが大変なので、外観の建築は後回しになると思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

m(_ _)m

YouTube 始めました

チャンネル登録お願いします
m(_ _)m


マイクラ日記」の最新ページ
マインクラフト」のシリーズ一覧