【マイクラ日記】#42「トラップタワーにネザーゲート式ゾンビピグリントラップを増設」

最近フォートナイトにハマっていてあまりマイクラをやっていませんでしたが、また少しずつ進めていこうかなと思います。

前回と前々回は1.17のアップデート要素を遊んでいきました。鍾乳石を使った無限溶岩で全自動燃料供給装置を作ろうとしましたが、(スナップショット20w51a時点では)大釜に入っている溶岩がディスペンサーで回収できなかったので諦めました。

今回はネザーゲートを使ったゾンビピグリントラップを作ります。

私の拠点には地上にいてもモンスターが湧くトラップタワーがあるので、ここにゾンビピグリントラップを増設したいと思います。

作る前にネットで調べてみましたが、情報が少なく、どれくらい離れていても湧くのかがよくわからなかったのでクリエイティブで簡単にテストしてみました。

簡易的なトラップを作って100マス離れたところで待機してみましたが、ひとつもアイテムがチェストに入っていませんでした。ネザーゲートの直ぐ側にいると結構湧いているので、正確な範囲はわかりませんが、ある程度離れるとトラップは機能しないようです。ただ、離れていてもゾンビピグリンは湧くけど動いていないだけという情報もあったので、近くにスノーゴーレムを配置して再び100マスのところで待機してみると、ドロップアイテムがチェストに入っていました。スノーゴーレムの攻撃を受ければ動くみたいです。

ネザーゲートのすぐ側で待機する場合はスノーゴーレムは必要ありませんが、私のワールドにある地上トラップタワーではスノーゴーレムが必要なようです。

というわけで私のワールドで作ってみました。ネザーゲートの最大の大きさは、外枠の部分が23×23ですが、見た目を考えてもともとのトラップタワーの幅である21に合わせました。作ってから気が付きましたが、幅21にすると黒曜石の部分が外から見えてしまい見た目が良くないので、幅19にすべきでした。

ちなみに、ネザーゲートは3つつなげて作っています。5個くらいつなげようと思いましたが、黒曜石が足りませんでしたw。

クリエイティブで検証したときに、スノーゴーレムは15マスくらいまでの範囲にいるゾンビピグリンを攻撃してくれたので、全体をカバーできるようにネザーゲートから5マス離したところに配置しました。上の画像は暗くて見にくいですが、スノーゴーレムの左右をブロックで塞いでしまうと、ネザーゲートの端っこで湧いたゾンビピグリンに気がつかないみたいだったので、下の画像のように前と左右のブロックを取り除きました。

左右のブロックを取り除いたら、端っこで湧いたゾンビピグリンも攻撃してくれました。これならスノーゴーレム一体でかなりの範囲をカバーできます。

注意点としては、ネザーゲートの位置が床から離れすぎると、ゾンビピグリンが下に落ちてくれないことです。私は床から2マスにしましたが、たぶん3マスまでは大丈夫だと思います。最初に床から5マスか6マスで作ってトラップドアを設置したのですが、なぜか下に落ちてくれませんでした。普通のゾンビより頭がいいのかも。2マスならトラップドアなしでも落ちてくれます。

攻撃を受けるとスノーゴーレムに一直線です。

作っている間に集まった金塊は9個です。

仕分け機に金塊も追加しました。仕分けの種類を増やして最終的に残る金の剣を自動でかまどで精錬するようにしようと思いましたが、あと6種類くらい増設しなければいけないので、とりあえず手動で金の剣をかまどに放り込むことにしました。

高さ30マス、横50マス離れた位置で20分ほど待機してからチェストを見てみると、金塊12個、金の剣3本が回収されていました。トラップタワーに増設するだけなので、意外とコスパが良いかもしれません。ただ、黒曜石集めはビーコンがないとキツイですが…。

今回初めてトラップにスノーゴーレムを使って気がついたのは、スノーゴーレムの雪玉が1回でも当たったモンスターは、落下死しても経験値を落とすということです。これを使えば放置型の経験値トラップが作れそうです。ただ、エンダーマントラップがあれば経験値は十分なんですけどね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

m(_ _)m

YouTube 始めました

チャンネル登録お願いします
m(_ _)m


マイクラ日記」の最新ページ
マインクラフト」のシリーズ一覧