【マイクラ日記】#14「襲撃イベントとカボチャの自動回収装置の改良」

拠点が完成し、村人も十分に集まってきましたが、アップデートがくるまでネザーには行きたくないので、とりあえず材料集めなどを行っていきます。

6種類の木の中でアカシアがまだ手に入っていないので、のんびりサバンナ探しに出かけました。距離は結構ありましたが、意外とあっさりサバンナが見つかり苗木を回収。

略奪者の呪いがかかっているのを忘れていて、その状態で帰り途中に見つけた村に入ってしまい、このワールド初の襲撃イベントが発生。一体一体はそれほど強くはありませんが、準備なしにまとめてこられると結構強い。

村にいたアイアンゴーレムの活躍もあり、なんとか勝利。久しぶりの戦闘で楽しかったので、拠点に帰ったらまたやってみます。村人との取引も有利になるので、エメラルド集めにもいいですね。忘れてた…。

拠点についたら夜中でした。ライトアップされてて結構きれいです。

早速襲撃イベントを発生させて勝利。近くに略奪者の基地があるので便利です。画像ではちょっと見にくいですが、花火が上がっています。

一旦寝て、村人と取引していると、村人がなにやら物を投げてきました。襲撃イベントで勝利すると村人がアイテムをくれるようで、私はこれを知りませんでした。最初からあった?

職業によってくれるものが違うようです。司書がくれる本はありがたい。

何度か襲撃イベントをクリアした後、サバンナの帰りにロバを見つけていたので、ロバを連れてくることに。

ウマと掛け合わせてラバの繁殖に成功。

エンダーチェストやシュルカーボックスがまだ作れないので、ラバで代用することに。

カボチャ回収装置の改良も行いました。これまではボタンを押すとすべてのピストンが動作するようになっていましたが、手動で押さなければならなかったので、自動で回収できるように変更しました。

木の感圧板が置かれている焼石ブロックの裏にレッドストーントーチが設置されていて、木の感圧板にアイテムが乗っている状態では、レッドストーントーチの信号がオフになり、ピストンが閉じている状態になります。5分経ってアイテムが消えると信号がオンになりピストンが伸びますが、感圧板の上に設置されているドロッパーにも信号が伝わりアイテムが吐き出されて感圧板が押され、すぐに信号がオフになる仕組みです。

この方法は、すべてのピストンにオブザーバーを設置するよりもコストはかなり低く済みますが、効率は少し悪いです。

カボチャ回収装置をもう一つ追加しました。全部でカボチャ100個分です。作るのが大変なので、普通にカボチャ畑を400個分作ったほうが良いかも…。

ちょっと気が早いですが、ウィザーとの戦いの場をつくり始めました。天井をもう少し掘って、天井と壁と床をエンドストーンで敷き詰める予定です。

YouTube 始めました

チャンネル登録お願いします
m(_ _)m


マイクラ日記」の最新ページ
マインクラフト」のシリーズ一覧