ヘッドホンカバーを使うと密閉型でも快適【mimimamo】

今回購入したのは「mimimamo」というブランドの、ヘッドホンのイヤーパッドにつけるカバーです。

先月、Shure の「AONIC 50」というワイヤレスヘッドホンを購入しましたが、密閉型なので長時間つけると蒸れるんですよね。これは買う前からわかっていたことで、ヘッドホン探しの過程でカバーも一緒に探していました。

→ 【Shure AONIC 50】「音が良い」とはこういうことなんだ!

いろいろと検討した結果、mimimamo を購入することに。他のものより価格が高めですが、どこの誰が作っているのかわからないものよりは良いかなと思いこれにしました。1000円くらいしか違わないし。

サイズが2種類あるので、自分のヘッドホンがどちらのサイズになるのか「公式サイト」で確認したほうが良いです。私はLサイズにしました。

私はゼンハイザーの「HD599」というヘッドホンも使っているのですが、ヘッドバンドがボロボロになりかけてきたので、ヘッドバンドのカバーもついでに購入しました。私が見た限りでは、どれを買っても大きな違いはなさそうだったので「Amazon's Choice」のマークが付いている「jubel」というブランドのものにしました。

→ 初めての開放型ヘッドホン【ゼンハイザー HD 599】

開封・装着

まず、このパッケージの薄さにびっくりしました。

実物を見たことがなかったので、なんでこんなに薄いんだろうと疑問に思いました。

ただ、このパッケージのデザインは好きです。こういうチョコレートあったな・・・。

因みに色はグレーを選びました。

裏面はこんな感じ。

パッケージの見た目が良いので飾っておきたかったのですが、この破って開けるタイプのパッケージは捨てたくなる・・・。

中身はこれだけ。本体と、装着方法とよくある質問が書かれた紙です。

本体の生地がめちゃくちゃ薄くて柔らかいです。肌触りもかなりいいので期待できそうです。

つけてみるとこんな感じ。あまり違和感はないですね。グレーは何にでも合う。

結構深くまでカバーをかけられますが、ここまで深くかけるとピーンと張り過ぎて、イヤーパッドの中に耳が入らなくなって耳が圧迫されるので、もうちょっと浅めに取り付けたほうが良いです。

実際に使ってみた感じは、サラサラしていてつけ心地はかなり良いです。まだ気温が高くないということもありますが、蒸れる感じもないです。

ただし、色がグレーだからなのかもしれませんが、耳周りの皮脂がついて色が変わるのが少し気になります。使うときは耳周りを拭いてからのほうが良いかもしれません。

それと、生地がかなり薄いので耐久性がちょっと心配です。これは長期間使ってみないとわからないのでなんとも言えませんが・・・。

1週間くらい使ってみた感想としては、かなり良い感じです。レビューを見ると「音漏れが・・・」とか「音質が・・・」というのを見かけましたが、私は家の中でしか使わないので音漏れは関係ないし、私のヘッドホンだと音質に違いが出ているようには思えないので、特に問題はありません。

続いてヘッドバンドカバーです。

梱包が中華製っぽいですね。

2つ入って1000円前後なので激安です。

スポーツ選手がひざにつけているサポーターみたいな質感です。軽くて通気性も良さそうです。

つける前はこんな感じ↑

つけるとこれ↓(暗くて見にくいですが・・・)

若干残念な感じはありますが、そんなに悪くはないですね。

ただ、これで外には出たくないかもw

使ってみた感じは、カバーをつけている違和感とかはまったくないです。見た目は少し残念な感じはありますが、装着感や質感は全然悪くないです。ファスナーの部分が壊れない限り、耐久性も高いような気がします。


ヘッドホン本体はまだ使えるのに、イヤーパッドやヘッドバンドがボロボロになって買い換えるということが結構あるので、こうしたカバーを買うことで同じヘッドホンを長く使っていくのもいいですね。

電子機器・アプリ」のページ