【マイクラ装置】トラップのダメージ装置

このページでは、モンスタートラップなどでダメージを与える装置について紹介しています。オーバーワールドでの使用を想定しているので、ネザーでスポーンするMobについてはあまり触れていません。

「Java Edition 1.16.4」で確認したものです。バージョンが違う場合、挙動が変わる可能性があるのでご注意ください。

ネット上の情報と照らし合わせながら書いたので、ゲーム内で使われている名称と異なる部分もありますが、察してください。

落下

落下でダメージを与える方法です。経験値用でもアイテム回収用でもどちらでも使えます。画像では3×3になっていますが、2×2や1マスでも機能します。

レッドストーン回路などが必要ないので作るのは簡単ですが、落下させるための距離を確保する必要があります。

下にホッパーを置いておけばアイテムを自動回収できます。ハーフブロックはあっても無くてもいいと思います。経験値用の場合は、経験値がホッパーの凹みに入ったり、Mobと目線があったりするので、ハーフブロックはあったほうが良いです。

多くのサイトで落下ダメージの算出方法は「落下の高さ - 3」となっています。しかし、ゾンビ、スケルトン、クリーパーの体力は20なのですが、高さ23から落下させても生きていました。高さ24で落下死します。

サバイバルモードで自分で落下してダメージ量を見てみると、高さ19と20でダメージ16、高さ21でダメージ18、高さ22と23でダメージ19、高さ24で死亡という結果になりました。なぜこういう結果になるのかは不明です。

他の敵Mobでは、ウィッチは体力26、ガーディアンは体力30です。

天空トラップタワーなどの場合、経験値トラップを作るのであれば、ゾンビなどが死なない高さ23以下で、アイテム回収のみのトラップであれば、ウィッチの体力に合わせて高さ30以上になります。ただし、落下耐性のついているブーツを装備しているゾンビやスケルトンなどは死なない場合があります。

ガーディアンも同じ計算で高さ33で生き残り、高さ34で落下死します。ガーディアンはピョンピョン跳ねるので、経験値トラップを作る場合は高さ33だと落下死する可能性があるので、高さ32以下にしたほうが良さそうです。ガーディアンで経験値トラップを作る人は少ないと思いますが…。

アイアンゴーレムは落下ダメージを受けないので使えません。

溶岩

フェンスゲートや看板などを敷き詰め、その上に溶岩を流して溶岩のダメージで倒す方法です。経験値用にできないことはないですがダメージの調整が難しいので、主にアイテム回収用となります。

方法としては、溶岩の上から落下させるものと、水流で流して溶岩に触れさせるものがあります。

まず、ウィッチは耐火のポーションで溶岩ダメージを無効化するので、ウィッチ用にはできません。

溶岩の上から落下させる方法では、クリーパーは浮いてくるので、ドロップアイテムが燃える可能性が高く適していません。他、スケルトン、ゴーレム、ガーディアンは使えます。ゾンビにも使えますが、子供ゾンビが残ってしまうので、床にトラップドアを設置して溶岩までの高さを1マス未満にします。

水流で流す方法は、溶岩の上にブロックを置けばクリーパーの浮き上がりを防止できます。さらに床にトラップドアを設置すれば子供ゾンビにも対応できますが、溶岩上のブロックと組み合わせるとスケルトンとゾンビが入らなくなります。

上の画像のように、ゾンビ、スケルトン、クリーパー用と子供ゾンビ用に分けることで対応できます。

ちなみに、フェンスゲートの上に燃えないブロックを置かないとフェンスゲートは燃えます。ついでに書いておくと、溶岩より下にあるブロックは燃えないみたいです。

ダメージ床(マグマブロック、焚き火)

上に乗るとダメージを受けるブロックを使う方法です。これで経験値トラップを作るのは難しいと思うので、アイテム回収のみとなりそうです。

まずはマグマブロックです。アイテムを回収するためには下にホッパー付きトロッコを置く必要があります。上の画像ではホッパー付きトロッコを走らせていますが(ちょうど奥に行ってて見えないです)、範囲が狭い場合はホッパー付きトロッコを敷き詰めて、その下にホッパーを敷き詰めても問題ないです。

ホッパー付きトロッコを走らせる場合はレールをうまく設置しないと、カーブしているレールのところでアイテムが回収されないことがあります。上の画像はあまり良い例ではなく、アイテムを回収するブロックの下にカーブしているレールが来ないようにすると、ほぼすべてのアイテムを回収してくれます。

マグマブロックのダメージは耐火のポーションで無効化されるので、ウィッチには使えません。それ以外では、火炎耐性のないMobであれば有効です。

焚き火の場合も同様にウィッチには使えません。焚き火はフルブロックではないので、下に直接ホッパーを設置してもアイテムが回収できます。

マグマブロックでも上の画像のように水流でアイテムを流すようにすると、レールやホッパー付きトロッコが必要なくなります。

ただし、水源が近いとクリーパーなどの水に浮くMobはダメージを受けなくなるので、水源を少し離す必要があります。

ピストン

ピストンでダメージを与える方法です。経験値トラップもできますが、上の画像はアイテム回収用です。感圧板の上に乗るとピストンが作動して、ブロックに埋め込まれてダメージを受けるものです。

ウィッチにも有効ですが、治癒のポーションで回復するので時間がかかることがあります。

ちなみにガーディアンや子供ゾンビなど、高さが1マス以下のMobには使えないです。

トロッコ

1マスにトロッコを24個設置して窒息ダメージを与える方法です。2×2など幅を広げることもできますが、音がうるさいのでやめたほうが良いです。

上の画像は、3×3の範囲からピストンを使ってMobを1マスに集める装置です。最初から水流で1マスに集めたほうが楽かも…。

この窒息はダメージ量が非常に大きくて、ウィッチもあっという間です。実際にサバイバルモードにして自分で試してみると、体力が6くらいずつ減っていきました。ダメージ効率はかなり良いですが、トロッコを24個作る必要があるのと、多用するとワールドが重くなる可能性があるというデメリットもあります。個人的にはあまり好きではない方法です。

YouTube 始めました

チャンネル登録お願いします
m(_ _)m


マイクラ装置」の最新ページ
マインクラフト」のシリーズ一覧