【マイクラ装置】よく使用する基本回路

「Java Edition 1.16.4」で確認したものです。バージョンが違う場合、挙動が変わる可能性があるのでご注意ください。

ネット上の情報と照らし合わせながら書いたので、ゲーム内で使われている名称と異なる部分もありますが、察してください。

NOT回路

NOT回路は、入力がオンのときに出力がオフになり、入力がオフのときに出力がオンになる回路です。マイクラではレッドストーントーチを使うことで簡単に実現できます。

普段はピストンが伸びている状態で、プレイヤーがボタンを押すなどするとピストンが縮まるような装置を作るときに使います。

コンパレーターでも作ることはできますが、トーチの方がコンパクトにできます。

パルサー回路

パルス信号を出す回路です。パルス信号とは、短い時間だけ出力される信号のことです。

リピーターとコンパレーターを使用したパルサー回路

入力がオンになると、コンパレーターを通った動力がピストンに伝わります。分岐している回路のもう一方では、リピーターに信号が伝わり、リピーターで遅延させた信号がコンパレーターの側面から入力され、コンパレーターから出力される信号がオフになるという仕組みです。

このとき、リピーターは2遅延以上にしないとコンパレーターからまったく出力されなくなります(リピーターを一度も右クリックしていない状態が1遅延)。遅延を増やすことで、コンパレーターから信号が出力される時間を調節できます。

リピーターとトーチを使用したパルサー回路

入力がオンになると、左のトーチがオフになり、右のトーチがオンになってピストンに動力が伝わります。その一方で、リピーターに信号が伝わり、遅延した後で右のトーチがオフになるので、ピストンへの信号がなくなるという仕組みです。

リピーターは3遅延以上にしないとピストンへ動力がまったく伝わらなくなります。この回路もリピーターを増やすなどして遅延を増やすことで、信号が出力される時間を調節できます。

リピーターだけを使用したパルサー回路

入力がオンになると、左手前のリピーターによってその奥のリピーターが信号を出していない状態でロックされます。この状態で入力がオフになるとロックが解除され、奥のリピーターから短時間の信号が出力されます。

このとき、手前にある左右のリピーターの遅延が同じか、右側の遅延が大きいときだけパルス信号を発します。また、右側の遅延を大きくするほど、信号が発せられている時間が長くなります。

オブザーバーを使用したパルサー回路

オブザーバーは顔の前のブロックが変更されると、顔の反対面からパルス信号を出します。レッドストーンダストに信号が伝わっている・伝わっていないという変化もブロックの変更とみなされます。上の画像の回路は、上で見てきたパルサー回路の中で最もコンパクトですが、問題点は入力がオンになってもオフになってもパルス信号を発することです。

上の画像のように、ディスペンサーに水バケツを入れて、オブザーバーの前のブロックに水を出したり回収したりするようにすれば、入力がオンになったときだけパルス信号を発するようにすることができます。

クロック回路

クロック回路とは、出力のオン・オフを繰り返す回路です。複雑にならないものだけを取り上げてみました。

リピーターだけを使用したクロック回路

リピーターの遅延を利用した方法です。レバーで一瞬だけ動力を与えてすぐにオフにすると、回路が破壊されるまで永遠に動き続けます。

私が試した限りでは、最低でも3つのリピーターが必要でした。3つより少ないと、ずっとオンの状態になります。もっとリピーターの数を増やすと、レバーをオンにしている時間で、ピストンがオン・オフになっている時間を調節することができます。

高速で動くクロック回路には適しません。

リピーターとトーチを使用したクロック回路

リピーターの遅延とトーチによる反転(NOT回路)を利用した方法です。リピーターが1遅延だとトーチが焼き切れるので、2遅延以上にしておく必要があります。リピーターの遅延を増やすと、ピストンのオン・オフの時間を同じ割合で長くすることができます。

高速で動くクロック回路には適しません。

コンパレーターを使用したクロック回路

コンパレーターの減算モードを使用した方法です。コンパレーターから出力された信号をコンパレーターの側面へ入力すると、上の画像の回路だと強度2の信号と強度15の信号を交互に出力します。強度2の信号が出ているときにピストンをオフにしたいので、コンパレーターとピストンの間を3ブロック以上あける必要があります。コンパレーターひとつでできるので、コストパフォーマンスが高く、高速で動作します。

コンパレーターの側面にリピーターを置くと遅延させることもできます。この場合、コンパレーターから出力される信号強度は15と0になるので、ピストンの位置を近づけても問題ないです。

ホッパーとコンパレーターを使用したクロック回路

ホッパーのノズルが互いにくっつく状態で設置して、中にアイテムをひとつだけ入れると、そのアイテムが2つのホッパーを行ったり来たりします。これをコンパレーターで検知して、コンパレーターの隣のホッパーにアイテムが入っているときは信号がオンになり、入っていないときはオフになるというクロック回路です。

かなりコンパクトにできますが、高速で動くクロック回路には適しません。

ホッパーを増やして中のアイテムがグルグル回るようにすれば、ピストンがオフになっている時間を調節できます。また、アイテムの数を増やすとピストンがオンになっている時間を長くできます。

オブザーバーを使用したクロック回路

右にある粘着ピストンに動力を与えると向かい合わせのオブザーバーができるので、クロック回路ができます。論理が苦手な方でも理解しやすいクロック回路だと思います。高速で動くクロック回路としてよく使用されます。

YouTube 始めました

チャンネル登録お願いします
m(_ _)m


マイクラ装置」の最新ページ
マインクラフト」のシリーズ一覧