iPhone 6 を使い始めて5年が経過。いつスマホを買い替えようか

iPhone 6 を5年くらい使っていますが、買い替え時がわかりませんw。特に不満があるわけでもないし、新機種に買い替えたところで何が変わるんだろうという疑問もあります。

ただ、最新の iOS 13 が iPhone 6 に対応していないようなので、そろそろ買い替えを考えなければなりません(対応しててもアップデートする気はないけど…)。

いろいろ考えてみた

新機種が発表されるたびにカメラの性能に焦点が当てられますが、もともと私はカメラをほとんど使っておらず、このブログを始めてからようやく使うようになりましたが、最終的には非可逆圧縮してアップするので画質にあまりこだわりはありません。

スマホにそれほどのスペックを求めていないので、3万円程度のものでも構わないのですが、パソコンが Mac なので Android ではなく iPhone にしたいという気持ちがあります。その理由のひとつは、iPhone から Mac への画像の転送が無線でできるからです。Android でもアプリを入れると可能になるようですが、アップルの純正ではないので、MacOS をアップデートしたときに一時的に使えなくなる恐れもあります。

これ以外にも Mac との連携を考えた場合 iPhone の方が無難だという結論になるわけですが、iPhone は価格が高い…。先日発表された iPhone 11 も安くなったと言われていますが、それでも税込みで8万円くらいします。今アップルのサイトを見てみると、iPhone 8 が税込みで5万円台で購入できるようですが、価格的に微妙です。2年前のモデルが最新モデルと2万円ちょっとしか違わないというのは、なんとなく違和感があります。

過去をみると、iOS のサポート期間は4〜5年くらいになっているので、今 iPhone 8 を買っても2〜3年くらいしか推奨期間がないということになります。仮にサポート期間が5年だとすると、今 iPhone 8 を買うと3年間使えるわけですから、単純計算で最新機種の5分の3(60%)の価格が妥当になるので、5万円以下にならないと割に合わないです。

まぁ、価格に対して文句を言っても仕方がないのですが、最近、というかだいぶ前からですが、iPhone SE2 の発売が噂されています。最近では2020年に発売されるのではという噂もあるので、5G に対応していれば買いたいですね。

5Gと言えば、幸いというべきか、来年(2020年)から個人向けの 5G サービスが始まるようなので、5G に対応したスマホが出たら買いどきかなぁと前々から考えてはいました。ただ、5G の個人向けサービスは現段階ではまだ不透明な部分が多く、料金プランも対応エリアもわからない状態なので、いつになったら自分の住む地域で使えるのかという問題があります。サービスが始まるのは半年近く先になると思うので、検討するには時期尚早でしょうか。

結局今年も iPhone 6 で年末を迎えることになりそうですw。

「電子機器・アプリ」のページ