「GU」と「ユニクロ」は何が違うの?

ここ数年は黒い服ばっかり着ていたので気分を変えようと思い、明るい色の服を買いに出かけました。

服を買うことが何年ぶりなのかわからないほど、私は服を買っていません。ファッションに興味がないわけではないのですが、いろいろ買っても結局同じものしか着ないので、必要最小限の数しか持っていません。

ボトムスの方は、4〜5年くらい履くと薄くなって穴が空いたりするので買い替えてはいますが、今着ているトレーナーなんかは10年以上着ていますw。

どこに買いに行くかを決めているときに、GUが近くにあることを発見し行ってみました(近くと言っても歩いて1時間かかる)。そして、990円のスウェットシャツと790円の半袖のTシャツを購入。「こういうのが欲しかったんだ」というのが安く買えて個人的には満足です。

「GU」と「ユニクロ」の違い

GUには初めて行きましたが、中の雰囲気はユニクロと大差ないです。親会社が同じであるとはいえ、売っている製品にも大きな差があるようには見えませんでした。

家に帰って調べてみると、ユニクロのほうが高品質・高価格で幅広い世代を対象にしているのに対して、GUは低価格で若い世代向けのブランドのようです。

ただ、価格は1、2割ほどの違いですし、無地のTシャツやトレーナーに世代による違いが出ているようには思えないので、ユーザー層は重なりが多いように思います。GUと比べた場合にユニクロの製品のほうが高品質という意味だと思いますが、実感できるほどの違いがあるのか疑問です。

「品質」と一口に言っても、個体によるバラツキ、耐久性、要求されている機能を満たすか否かなど、いろいろと考えられるので、どれを指して品質が高い低いと言っているのかよくわかりません。

おそらく新製品の投入頻度とかに違いがあるのかもしれませんが、無地のものしか買わない私にとっては、ほぼ同じブランドという認識になりましたw。ただGUにヒートテックはないので、そこでの区別はありますが…。

服・靴」に関するページ
ライフスタイル」のページ