【フォートナイト】スイッチとパソコンの違い

スイッチでフォートナイトを初めて3ヶ月が経ち、いろいろと不満が出てきました(最初から不満はありましたが…)。一瞬画面が停止して次の瞬間明後日の方向を向いていたり、スクワッドなどで6、7人が密集するとカクカクになったり、なぜ負けたのかわからない謎の死もあったりなどなど。回線の問題もあるのかもしれませんが、パソコンでやり始めてからは今のところ起こってないので、やはりスイッチのスペック不足が大きいのではないかと思います。

スイッチとパソコンの違いとしてフレームレート(fps)がよく挙げられますが、ここではフレームレートを含めプレイしていて気がついた違いを書いていきたいと思います。

画質と画質設定の違い

パソコンはモニターやパソコンのスペックに合わせてフレームレートや解像度を切り替えることができますが、スイッチのフレームレートは30fpsで固定です。ただし、プレイヤーが密集すると30fpsも出ていないと思います。

パソコンでは画質を細かく調整できるので、自分が見やすいように影を消したり、高いフレームレートを維持するために画質を落としたりすることができます。

パソコンで設定を30fpsにしただけではスイッチと同じにならない理由は、パソコンでは上限の30fpsが常に出ている状態になりますが、スイッチでは30fpsも出ていないことが多いことと、スイッチでは影を消せないので相手が見えにくいことが挙げられます。

アサルトライフルの反動

これはちゃんと比較したわけではないので確実ではないですが、スイッチと比べてパソコンのアサルトライフルの反動が大きいように感じます。サバイバルをプレイしているときの感覚では、スイッチは反動がほぼない感じで、パソコンでは売った直後に跳ね上がるのを感じることができます。

クリエイティブで試してみると、まったく反動がないと思っていたスイッチでも少し反動があるので、実際にパソコンとの違いがあるのか正確にはわかりません。ただ、感覚としてパソコンでは反動が大きいように感じるので、距離があるときはタップ撃ちを多用するようになりました。

エイムアシスト

私はパソコンでもパッドを使ってプレイしていますが、一応エイムアシストはついています。ただ、スイッチよりも弱い感じがします。

プレイしていると、エイムアシストの恩恵をどれだけ受けているのかって全然わからないので、今度切ってみようかな?

プレイヤーの強さがぜんぜん違う

スイッチでプレイしていたときは、ソロでは2日に1、2回くらいのペースでビクロイが取れていましたが、パソコンでは2週間経っても一度もビクロイが取れていません。

試しに再びスイッチでプレイしてみると、ビクロイを取るまでは行きませんでしたが明らかにプレイヤーの強さが違います。しばらくスイッチで練習したほうが良いのかなとも思いましたが、60fpsに慣れると30fpsでは気持ち悪くてやってられないので、パソコンで続けていくことにしました。

パソコンのプレイヤーが強い理由として考えられるのは「レートごとに分けられていない」「そもそも弱い人が少ない」ことが挙げられますが、多分両方だと思います。スイッチでは、プレイヤーが強い日と弱い日があり、日毎に変わっている印象ですが、パソコンではずーっと強いままです。

パソコンでプレイし始めてから野良でスクワッドをやったときにフレンド申請を送ってくれた方がいたのですが、この人がなんとスイッチ勢でした。そもそもPC勢が少ない説もあります。

愚痴ってもしょうがないので練習するしかないのですが、スキンを見るとキャリアの長い人が多いみたいなので、私も毎日コツコツ練習していきます。

ゲーム」のページ