【無印良品】ポリプロピレンファイルボックスを買ってみた

他人の部屋のレイアウトとか、収納がどうなっているかとかを見るのが好きで、画像や動画をたまに検索して見ています。そんなときに、小物などの収納でよく見かけるのが無印良品のポリプロピレンファイルボックスです。

かなり前から気になってはいましたが、近くに店舗がなく実物が見れないというのと、アマゾンで売ってないという理由で後回しになっていました。もちろん無印良品のサイトで購入することはできますが、あちこちのサイトでクレジットカードを登録すると、情報が漏洩した場合に面倒なので、できる限りアマゾンで済ませたいわけです。

今年(2020年)の5月からだと思いますが、無印良品がアマゾンでの販売を開始しました。そして、最近私の中で断捨離したいという波が押し寄せてきて、その過程で購入してみることにしました。

何を入れるの?

ここ数年で小物の数はかなり減りましたが、非常用のライトとか、バックアップ用の外付けSSD、ICカードリーダライタ、ケーブル類など細々したものは下の画像の入れ物に詰め込んでいました。

このケースは持ち運びには便利ですが、底が深いとか角が丸まっていて使いづらいという問題の他に、見える場所に置いておくにはちょっと見た目が良くないという問題もあります。これを無印良品のファイルボックスに入れて本棚に収納できれば、見た目も良いし新たな収納スペースを確保しなくても良いというメリットがあります。

開封

私が購入したのは、幅25cm × 奥行32cm × 高さ12cmの、幅が広くて高さが低いタイプのものと、そのフタです。実物を見ていないので、どんな感じなのかを確認するためにとりあえずひとつずつ購入して見ました。

第一印象は「ちょっと灰色だな」です。

「ホワイトグレー」と書いてありますが、写真で見る限り真っ白だったので、なぜホワイトグレーなんだろうと思っていましたが、実物を見て納得。ホワイトグレーの定義はわかりませんが、これはホワイトグレーですw。灰色よりも白に近いホワイトグレーです。

本体とフタは別売りで、本体は690円、フタは490円でした。ただの四角い入れ物であれば100円ショップでも買えると思うので、購入前はちょっと高いなぁと思っていましたが、実物を見ると、質感が良いし耐久性も高そうなので、思っていたよりも割高というわけではなさそうです。

そして何よりも、このスッキリとしたビジュアルと、機能性とシンプルさを兼ね備えたデザインは素晴らしいです。同じものをもう一つ買って重ねることもできますし、幅の狭いサイズ違いのものもピッタリ収まるようなデザインになっています。また、フタの部分にキャスターをつけることもできるようです。自分の使いやすいように、いろいろと組み合わせられるわけです。こういうデザインはめちゃめちゃ好きです。

想像していたよりも全体的に良い感じなので、同じものをもう一つ買って重ねて使おうかなと思っています。

ライフスタイル」のページ