【かなでもの】ファニチャーリノリウムのサンプルを買ってみた「Vapour」

今回は机探しの一環で「かなでもの」という家具などを販売しているサイトで、「ファニチャーリノリウム」という材質のサンプル材を購入しました。

「リノリウム」といえば、病院の床などで使われているという知識はありますが、どんな質感なのか全然わかりませんでした。色も21色から選べるということで、とりあえず買って確認することに。600円で送料無料という安さだったので、気軽にポチりました。

色は「Vapour」を選びました。白系が欲しいので一番白に近いと思われる色にしました。「Vapour」という単語を初めてみたので調べてみると、直訳は「蒸気」らしい。本当に蒸気であってるのかはわかりませんが、蒸気は確かに白っぽい。

開封

サンプル材なので、そのままダンボールに入っていました。一応発泡スチロールの緩衝材はありました。

Vapour という色

色はライトグレーを想像していましたが、若干緑が入ってる感じです。個人的にはこれもありかもしれないと思いましたが、明らかにウェブサイトの写真とは違いがあります。

私のモニターの場合は「こちらのサイト」のほうが色は実物に近いです。

質感

触った感じは紙みたいです。ザラザラしているので、再生紙とか和紙みたいな感じでしょうか。

試しにシャーペンで文字を書いてみると、書き心地は完全に紙です。普通に書ける。消しゴムで綺麗に消えましたが、汚れがついたら取れないんじゃないかという不安があります。

爪で軽く押すと跡がつきますが、すぐに消えます。ただ、強めに爪を押し付けると跡が残ります。元々ザラザラしているので傷などはあまり目立ちませんが、表面は結構柔らかいみたいです。

この上で直接マウスを使用すると、硬質のマウスパッドと布製のマウスパッドの中間ぐらいの滑り心地です。個人的にマウスが滑りすぎるのが好きではないので、これならマウスパッドなしでも問題なさそうです。

全体的な感想

もう少しツルツルした表面なのかなと思っていたので、想像していたのと違っていました。ただ、マウスパッドなしでマウスが使えるのはありがたいです。

触った感じは温かみのある柔らかい感じなので、ダイニングテーブルにも向いているのだと思います。水を吸収するわけではなさそうですが、汚れると取れなくなりそうという懸念があります。

もう一つの問題点は価格です。天板だけで58500円もします。奥行きが80cmまで選択できるので、多少高くても仕方ないかなと思っていましたが、やっぱり高いです。これは一旦保留です。

机探しはまだまだ始まったばかりです。何年かかるんだろう?

ライフスタイル」のページ