2000円の激安電気ケトルを買ってみた【dretec(ドリテック)】

朝起きてティファールの電気ケトルでお湯を沸かそうとスイッチを入れたら、いつものように「ザーーー」という音がなり始めたと思ったら突然音が途切れました。その後しばらく待ってみましたがお湯は湧きませんでした。電源を一度抜いてみたり、水を満タンに入れてみたりしてみましたが、お湯が湧くことはありませんでした。

長い間使っていてそろそろ買い換えようと思っていたところだったので、すぐに次のものを探し始めました。ちなみに購入したのは2014年5月となっているので、7年近く使っていたことになります。「アプレシア プラス」というモデルです。

同じものを買うという選択肢もありましたが、お湯をカップに注いだあとに注ぎ口からお湯がこぼれるという問題があったので他のものを選ぶことにしました。ドリップコーヒーが飲みたかったので、注ぎ口が長くなっているものを探しましたが、中にはいっているお湯の量が外から見えるタイプのものがなかったので、いろいろと検討した結果、ドリテックというメーカーのフェンネルというモデルにしました。タルボというモデルのほうが見た目がシンプルで良さそうでしたが、中のお湯の量がわからないのでフェンネルで妥協しました。

開封

ホームセンターに売ってそうなパッケージです。

中身を出してみました。給電スタンドはプチプチで包んでありましたが、本体は袋に入っているだけでした。大丈夫か?

表面がつるつるしていて汚れが付きにくそうなのでありがたい。

とりあえず洗浄も兼ねて0.9Lくらいの水を入れて沸かしてみると、7分くらいかかりました。いつもは0.5Lくらいで沸かしているので、0.5Lで沸かしてみると4分くらいでした。ティファールのものだと0.5Lで3分くらいだった気がするので、ちょっと遅いかもしれません。定格消費電力がティファールのアプレシアプラスは1250W、ドリテックのフェンネルは900Wなので、差が出るのは仕方ですね。

ティファールで問題となっていた注ぎ口からお湯がこぼれる現象ですが、ドリテックのものではまったくこぼれませんでした。すばらしいっ!

フタのサイズがピッタリで作られているので(個体差があるのかもしれません)、フタを開けるときに少し力がいるのが気になります。使っていけば摩擦でいい感じになっていくとは思いますが…。2000円という価格なのでこれ以上文句は言えないwむしろこれが2000円で売られていることを評価すべき。

高さが21cmとなっていたので「ちょっと大きいなぁ」と思っていましたが、実際に見てみるとそこまで大きくは感じませんでした。

とりあえずお湯を沸かせるようになったので満足です。いつまで壊れずに使えるのかが心配ですが、2000円なら1、2年ごとに買い替えても大した出費ではないですね。

電子機器・アプリ」のページ